【長野県・県道46号線旧道-明神橋】
以前見て来た「ぐみの旧道」の近くにある旧道橋。それは味のあるアーチ橋です。
青字…ラピスのコメント ■黒字…作者のコメント
 

 きれ〜いな渓流に架かる橋です。
 しかも、けっこう古そうだ。
 旧道に架かるアーチ橋だけに
 これは期待が持てます。

 橋の周辺図はこちら→■周辺図■

 ■明神橋-側面図■
 
クリックすると原寸サイズの物が
 別窓で開きます

 根羽村の中心地から、
 国道153号線をそれて、
 県道46号線をしばらく走るとあります。
 なんとも古色蒼然なお姿。
 横にある細いトラス橋もいい味出してる。
 これはパイプでも通ってるの?
 下を流れるのは矢作川ですが、
 けっこう綺麗なもんだ。
 
 反対側に来ました。
 こっちは逆光になってしまってるけど、
 まあ気にしない。
 それにしてもイイ景色です。
 ここは背景も堪能したい所です。
 借景と言ったトコロでしょうか?
 
 橋を渡って対岸から現道を見たところ。
 正面の斜面は草しかないけど、
 かつては森でもあったのだろうか?
 
 親柱の真ん前にガードレールがあって
 ちょっと見辛いんだけど、
 「明神橋」と読めます。
 
 こちらは「みょう志んはし」。
 平仮名なのに漢字が混じってます。
 それと「昭和二十九年八月竣工」。
 む。そこそこ古いですね。
 とは言え戦後。
 汚れ具合からして
 もうちょっと古いかと思った。
 それとここのコンクリートには
 すごい細かい石が使われてる。
 
 さて、こんないい橋
 下からも見てみなくちゃね。
 畑の横から河原に下りて来ました。
 
 まるで細長い板を、
 ベロ〜ンとアーチにしたみたいな姿だ。
 こういうスタイルって
 新しい時代の物だけかと思ってたけど、
 大正時代の橋にも
 こんなのがあったので、
 思ったより古くからある形式みたい。


[2008年3月現在]

すごく古ぼけて、大正時代のアーチ橋か? と、思わせて実は昭和の作でした。
戦後の昭和29年竣工の橋ですが、古いスタイルから近代的なスタイルへの
過渡期のデザインとも言えますね。
道ネタ「橋梁」TOPへ…