【滋賀県・県道285号線-野神橋廃道】
滋賀県余呉町を南北に横切る、高時川上流の丹生ダム建設に伴い、県道が改良されたため出来た廃道です。
青字…ラピスのコメント ■黒字…作者のコメント
 

 集落内を通る細い県道が、
 ダム工事用の車が通るのに不向きなので、
 幅広く改良されました。
 古い道が廃道として残ってます。
 なにやら重い背景を背負った道だけど、
 小ネタレポートです。

 まずは地図で位置を確認→■周辺図■


 現道の県道285号線は左側の道です。
 真ん中のアスファルトが新しい所は歩道です。
 そして、右側の不自然なスペースが今回の廃道。
 ここから見えてる範囲が、
 廃道の全てです。
 それって小ネタですら無いんじゃ・・・
 もちろんこんな小さな物件、
 いちいちレポートしたりしません。
 でもここには、アレがあったのです。
 ペイントの先に裏を向いて立ってるモノ。
 
 これよこれ。
 「異常気象時通行規制区間」標識。
 今となっては、県道から見えない位置になのに
 なぜだか残ってます。
 中河内の間は、異常気象時には通行止だそうな。
 この先のダム建設現場の県道は、
 ダートになっていて、
 まともに通行できないんじゃなかったっけ?
 
 それと、もうひとつこれ。
 「道路情報」看板。
 先程の区間は通行止です。
 この狭い間にこんな物があるなんて、
 小ネタどころじゃありません。

 しかし、今でもここにあるのか
 保証は出来ません。
 なんせ、このレポートは、
 1年経ってから作成したので…
 
 さて、廃道の続きも見てみましょう。
 道は真っ赤な柵で遮られてます。
 普通こういう場合、
 コンクリートブロックにガードレールを立てて
 塞いでしまうものだけど、
 ここは頑丈な鉄柵です。
 すごい目立ってる。
 
 その先は川です。
 さらに先には橋台の跡があります。
 ここに交通の障害になってた、
 狭い橋が架かってたのです。
 橋台の幅を考えると、確かに狭い。
 ここにはどんな橋があったのだろう?
 やはりコンクリートの橋だろうか?
 河原の雑草のない所には橋脚があったみたい。
 ちなみに、現道の新しい橋は
 「野神橋」といいます。

 [2005年7月現在]

今回は余呉町の中央付近にに建設される、「丹生ダム」のための工事用道路として改良された場所です。
平成16年9月26日に開通しました。
しかし、肝心のダム建設は進展してない様子。
ダム完成後の観光客を当て込んだ施設なんかは、開店休業状態の物もあるそうです。
はたしてダムが観光名所として、客が呼べるのか?
建設当時日本一の規模を誇り、大勢の観光客が訪れた「佐久間ダム」も現在は閑古鳥が鳴いてます。
道ネタ「廃道」TOPへ…