【静岡県・天竜水窪-戸中川の廃吊り橋】
静岡県浜松市水窪にあるダム湖の上流に、3本の吊り橋があります。
青字…ラピスのコメント ■黒字…作者のコメント

 
 戸中川沿いの林道を
 上流に向かって行くと、
 途中には3本の吊り橋があります。
 「戸中橋」に行ったついでに
 この橋も探索します。

 戸中橋から3kmぐらい行くと、
 1番目の橋があります。
 林道からも見えます。
 しかし、橋までの道は
 獣道みたいなもので、
 急坂で滑りやすくて
 下りられず断念。
 ま…まあ次の橋に期待しましょ。
 

 さらに上流に進むと
 落石で車は通行止めになってます。
 でもバイクなのでこそっと通過。
 お次の橋は、
 林道からすぐ行けます。
 川の上に橋桁が見えますね。

 
 橋桁は山の中の吊り橋らしく
 簡素な作りです。
 床板は木の板です。
 主塔はどこだろう?
 主塔の無いタイプですか?
 目の前の木に
 何か板が付いてる?
 

 で、近付いてみてビックリ。
 メインケーブルが
 木に結ばれてる!
 木アンカレージだ!!
 これならコンクリのアンカレージを
 作らなくても済むので
 自然には優しいのかも?
 この木には負担だろうけど。

 
 橋の真ん前に木があるので、
 橋には横から入ります。
 薄い鉄板を3枚並べて
 桟橋になってますが、
 これが壊れそう。
 ささっと渡ります。
 

 これで一安心と思ったら、
 立入禁止?
 チェーンで塞がれてます。
 なんと、廃物件だったのです。
 (タイトルでネタバレだけど…)
 確かに、雰囲気がやばそうだ。

 
 板はコケだらけで、
 長い事誰も渡ってないんだね。
 足を乗せると
 板が、割れそう・・・
 さいわい吊り桁が金属なので、
 これの上を歩きます。
 

 しかし、すごい揺れます。
 ぐわんぐわん揺れて
 吹っ飛ばされそうになる。
 少し歩いたら立ち止まって
 揺れがおさまるのを
 待たないとまともに歩けないです。
 写真の所で枝にすごい邪魔された。

 
 ぐらぐら揺れる橋の上で
 川の様子を撮った。
 渓流じゃなくて、
 砂利の河原だった。
 反対側は渓流の景色なので、
 川が曲がってる所に
 土砂が溜まってるのでしょう。
 
 対岸にも主塔は無いですね。
 それどころか橋桁がおかしな事に。
 斜面にくっついて斜めになってる。
 傾いてる板を上がって行くと、
 メインケーブルが低くなって
 橋の外に出るのに邪魔になります。
 
 この角度から見れば
 橋桁の様子がよく分かります。
 現役時代は、
 まっすぐだったんだろうか?
 今の方が味が有るんだけど…
 
 メインケーブルはさらに
 先に延びて行きます。
 途中こんな感じで
 ボロボロの木があるけど、
 これも橋の一部だった?
 
 こちらも木のアンカレージでした。
 立ち木が傷つかないように
 板が巻いてあるのですが、
 折れてしまっていて
 役に立ってない。
 そのうちケーブルが木に食い込んで
 幹を傷つけそう。
 

 橋の下には行けませんが、
 少し慣れた所からなら撮れた。
 なかなか幻想的になりました。
 (そうでもないか…?)
 こんなに良い物件だと思わなかった。
 今回一番の橋でしたね。


[2017年5月現在]


戸中川には、「戸中橋」の他に3本の吊り橋があります。
最初の橋は、アプローチが危険すぎて渡れませんでしたが、
2番目の橋は味のある廃物件でした。
次の橋は、林道のゲートの向こう側にある「奈良代橋」です。

道ネタ「橋梁」TOPへ… 戸中橋へ… 奈良代橋へ…