【国道361号線-再利用トンネル】
国道361号線の廃隧道は、捨てられる物ばかりじゃありません。
ここには生まれ変わった隧道…ではなくトンネルがあります。それと短い旧道も。
青字…ラピスのコメント ■黒字…作者のコメント
 
 初めて見た時は
 一瞬どこにあるのか、わからなかった。
 でもよく見たら
 ちょっと大変なコトに…

 それと廃道の周りがよくわかる
 地図も見てね→■周辺図■
 近くの廃道や廃隧道の地図はこちら→■全体図■

 現道の「水屋谷トンネル」の横からは、
 旧道が延びている筈です。
 …ない?
 おかしいなぁ。
 ここには元々、旧道なんて無かったの?
 でも一応探してみましょう。

 で、トンネルの横から覗き込んでみたら…

 あった。
 ありました。
 

 すぐにそれとわかる、旧道の路面と、
 廃隧道がありました。
 よ〜し、さっそく近くに…
 行けません。
 有刺鉄線が行く手をはばんでます。
 こんなの横から行けば楽勝♪ って思ったけど、
 横の方、つまり崖の所からの侵入も
 なにげに防御されてます。
 あれこれ検討した結果、
 侵入は不可能という結論になりました。
 う〜ん、残念。

 
 しょうがないので、
 坑門だけでも写しておきます。
 これがかつての「日和田3号トンネル」か。
 やっぱり1・2号と同じデザインだ。
 こんなんなら、
 わざわざ近くに行くまでもないか。
 でもあの倉庫みたいなのは何?
 それに、レンガのような物で塞いであります。
 ひょっとしてこれは…
 使われてる?
 

 あんな所で見ていても真相はわかりません。
 とりあえず、反対側に行ってみましょう。

 この写真は現道トンネルの中から
 高山方面を写したものです。
 先程の旧トンネルの反対側は左の道です。

 面白い事に、旧道が現道を横切る所の
 アスファルトの色が違ってるのがわかりますね。
 新トンネル開通後に敷き直したのかも?
 

 

 おおっ!
 トンネルを抜けたら天気が良くなった。
 …な訳ないでしょ( ̄▽ ̄)
 これと下の2枚は、
 以前来た時に撮影した物です。

 こちらはちゃんと道があって通れますね。
 でも、チェーンが張ってあって、
 車はシャットアウトされてます。
 思ったよりきれいな感じだけど、
 さて、旧トンネルは何に使われてるのか?

 

 あっ!! 煉瓦のトンネル!
 これは「レンガ」じゃなく、漢字で「煉瓦」
 って言う方がぴったりの景色です。
 なんだか明治の煉瓦隧道みたいで素敵♪
 でも、微妙に違和感が…
 古い隧道には必ずある「あれ」が無いです。
 そう、要石。
 知らなきゃ「お城みたいで、すってき〜♪」
 なんて思ってしまいそう。
 でも確かに洋風建築っぽいかも。
 木造風の扉や西洋風のランプまで付いていて、
 なかなか凝った演出してます。

 
 で、ここが何に使われてるかと言うと、
 貯蔵庫として利用されてます。
 「株式会社 飛騨 辛子工房」という所の
 「第一辛子貯蔵庫」になってます。
 この中で唐辛子を熟成させ、
 「うま辛王」という商品になるのだそうな。
 トンネルの隣の建物に説明が貼ってありました。
 本社の隣には道の駅「飛騨たかね工房」があり
 ここで、飛騨 辛子工房の製品が買えます。
 レストランのメニューにも、
 辛子を使ったパスタなどがあって、
 ぜひ食べてみなくちゃです。
 
 さて、旧道探索を再開しましょう。
 旧道は現道を横切り、谷の方に向います。
 その前に現道トンネルを見てみよう。
 「水屋谷トンネル」は1996年完成で、
 全長179m幅8.5m高さ4.7mあります。
 ポータルのレリーフは燃えるたきぎです。
 この地方のお祭りとかの物なんでしょうか?

 以前来た時はこの旧道の存在に気付きつつも
 見て来ませんでした。
 そんな感じで、見落としや後回しになってる
 場所が結構あります。
 
 旧道に立ち入ってみれば、
 なかなか「廃」な感じが出てる。
 右側にはコンクリートの擁壁が続いてます。
 なんて言うか、「古い風景」って感じ?
 
 旧道とは言え、廃道同然の道なので、
 植物の侵食を受けてます。
 路肩はすっかり草に覆われ、
 擁壁の上からは木々が覆い被さって来ます。
 しかし、こんな道にも車がいますよ。
 1台のミニバンが前方に駐車中です。
 山菜採りの人?
 近寄ってみたら中で人が寝てた。
 荷物を見ると、どうやら釣り人らしいです。
 確かに小さな渓流があります。
 
 その渓流に架かる橋がこれ。
 変哲の無い小さき橋です。
 でも、泥で埋もれてます。
 乾いているので通行には問題無いですが、
 確実に靴は汚れます。
 どうもこの泥や砂は、
 川や山の方から流れて来た様です。
 まったく掃除もされて無いんでしょう、
 ここから先は、泥だらけ砂だらけです。
 
 途中から、林道への分岐があった。
 こっちも旧道と同じく、
 小さな石が散乱していてすごい荒れよう。
 何でこんな旧道が封鎖もされないで
 残ってるかって考えたけど、
 この林道のためですか?

 ちなみに、この写真は振り返って撮影。
 林道の方もちょっと入ってみたけど、
 歩き辛いのですぐにUターン。
 こんな道なのにアスファルトで舗装されてる。
 
 間もなく旧道は現道に繋がって終了。
 まあ、ちょっとした廃道体験にはなった。
 大して面白くなかったかな?
 なんだか「おまけ」の様な旧道だったけど、
 今回のメインは再利用トンネルなので、
 それもやむ無しという所ですか。

 [2005年6月現在]

すべてが“そこそこ”な旧道でした。旧トンネルを煉瓦で装飾したセンスは、評価にあたいするでしょう。
国道361号線-廃道群TOPへ戻る… 道ネタ「廃道」TOPへ…